‘建築家’ カテゴリーのアーカイブ

失敗したくない、二世帯住宅リフォーム(2)

2021年5月13日 木曜日

今回は、二世帯住宅の分離スタイルについて。
二世帯住宅の分離スタイルには
「建物を縦に分離する方法」
「建物を横に分離する方法」
「共有部分をつくり分離する方法」
の大きく3つのタイプに分けられます。

縦に分離するタイプは
敷地に余裕が必要ですが
お互いのプライバシーが守りやすいのが特徴です。

横に分離するタイプは、
若い世帯が2階にわけるなどで
加齢配慮も考えやすく、
工事費が縦の分離よりも抑えられるケースが多いです。

共有部分をつくり分離タイプは
お互いのプライバシーが曖昧にたるために配慮が
必要になるのですが
例えば水回りなどを共有することで
敷地面積や建築費を効率的に活用できるメリットもあります。

二世帯住宅、デザイナーズリフォーム・デザイナーズ住宅
店舗デザイン・プロデュースのご相談もアイシーリンクへ!

失敗したくない、二世帯住宅リフォーム(1)

2021年5月6日 木曜日

二世帯住宅で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
問題解決のひとつのポイントは
親世帯、子世帯それぞれが程よい距離感。

次回は、具体的な
住宅の分離スタイルについて解説します。

二世帯住宅、デザイナーズリフォーム・デザイナーズ住宅
店舗デザイン・プロデュースのご相談もアイシーリンクへ!

http://www.chukei-news.co.jp/kenchiku/

住宅の間取り「自分だけのスペース」

2021年4月27日 火曜日

家事の合間に一息つく
趣味を楽しむちょっとした「自分だけのスペース」はとても便利。
オープンスペースにカウンターと椅子を置くだけで
家族とのコミュニケーションをとりながら
ゆとりのある時間が過ごせるようになります。

20150101

愛知県・岐阜県の人気建築家とつくるデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「子供の成長とリビング階段」

2021年4月20日 火曜日

リビング・ダイニングを通って
行き来する必要がある「リビング階段」は
思春期のコミュニケーションに気を配る年頃の
子供たちと家族が自然に顔を合わせることできるので
お互いに安心感を得やすい心理的なメリットもあります。
住宅の間取りは機能や効率など意外にも
工夫できるポイントが多くありますね。

20150204

愛知県・岐阜県の人気建築家とつくるデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「3世代二世帯住宅」

2021年2月3日 水曜日

これまでの生活スタイルが異なる
二世帯が快適に暮らすためには
間取りづくりがとても重要になります。
「各世帯のプライバシー確保」
「共有と交流」
「ライフスタイルの尊重」
の3つがポイントです。

20150103

愛知県・岐阜県の人気建築家とつくるデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「階段を活かす」

2021年1月4日 月曜日

階段は配置によって
そのスペースを活かすこともムダにしてしまう場合もあります。
例えばリビングの吹抜開放部にシースルー階段を設けると
窓から陽光をたっぷとりこみながら
階段によって程良い目隠し効果が生まれます。
また階段のデザインによってリビングのアクセントとしても役立ちます。
階段のプランにも総合的なバランス感覚が必要ですね。

20140901

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム・注文住宅
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「リビングとテーブル」

2020年10月28日 水曜日

リビングやダイニングは
家族のコミュニケーションの大切な場所
いつの間にか家族が集まっている
そんな団らんを望まれる方も多いのではないでしょうか。
少しスペースに余裕があれば比較的簡単な方法で実現できます。
それは、広いテーブルに変えることです。
無垢天板のテーブルなどを選択すると温かい雰囲気にもなります。
広いテーブルであれば子供が宿題をしている傍らで
新聞を広げたり、PCをWebを閲覧したり、その合間で学校の話をしてみたり
自然と家族が集う場になっていきます。
プライベートスペース以外にも
こうした快適さを見直してみてはいかがでしょうか。

20140603

愛知県・岐阜県の人気建築家とつくるデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「リビング」

2020年10月13日 火曜日

家族が集まるリビングは間取りの核になります。
今回はリビングに吹抜けの有無による
それぞれの住み心地について特徴をまとめてみます。

【吹抜けのあるリビング】
開放感のある空間で、広く陽光を取り入れられるので明るくなります。
また上下階のコミュニケーションをとりやすいのもメリット。
デメリットとしては、熱効率が悪くなったり
調理の臭いが上階にたまりやすくなったりするので
天井ファンなどを設けるなどの考慮が必要です。

【吹抜けのないリビング】
落ち着いた空間で冷暖房効率もよくなり、音や臭いへの配慮も容易で
上階の間取りに制限がすくなるなるなどのメリットがあります。
その反面、開放感や日当たりは抑えたれてしまします。

それぞれの特徴を踏まえてライフスタイルに合った
リビングを計画しましょう。

20140601

愛知県・岐阜県の人気建築家とつくるデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

広く見える住宅の演出「中庭」

2020年10月2日 金曜日

たとえ狭小住宅であっても
「中庭」を設けることで内部と外部のつながりが生まれ
自然を引き込みながらそこに開放感が演出できます。
そこにできれば樹木を植えてみてください。
季節の移ろいを愛でるゆとりを味わっていただけると思います。

20140502

愛知県・岐阜県のデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅プランと「窓と風通し」

2020年9月3日 木曜日

シックハウス対策法により居室の24時間換気が義務づけられましたが
換気扇で空気の入れ換えと窓から入る自然の風は体感が違い
風通しのいい家には魅力があります。
では、どうやって風通しのいい家ができるか?
いくつかの条件が必要になります。
主風方向を考慮しながら
対面した2箇所以上の窓を一直線に配置するなど
快適な風を取り込むポイントになります。
また、冷暖房の効率もしっかり考慮したいですね。

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム・注文住宅
のご相談はアイシーリンクへ!