‘住宅 リフォーム’ カテゴリーのアーカイブ

住宅の間取り「洗濯と家事動線」

2017年10月12日 木曜日

毎日の家事の中でも大きな流れにになるのが洗濯時の動線。
洗濯機、物干し、収納の一連の動きをできる限り短くしたいものです。
脱衣所とバルコニー、クローゼットを近くに配置できると
流れがぐっとスムーズになります。
毎日の動線です、しっかり計画しておきましょう。

ebp20130503

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム・注文住宅
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「階段を活かす」

2017年9月20日 水曜日

階段は配置によって
そのスペースを活かすこともムダにしてしまう場合もあります。
例えばリビングの吹抜開放部にシースルー階段を設けると
窓から陽光をたっぷとりこみながら
階段によって程良い目隠し効果が生まれます。
また階段のデザインによってリビングのアクセントとしても役立ちます。
階段のプランにも総合的なバランス感覚が必要ですね。

20140901

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム・注文住宅
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「リビング収納」

2017年9月13日 水曜日

家族が集まるリビングにモノが溢れていることはありませんか。
これは整理整頓の習慣的な要因もあるのですが
使うモノをすぐ近くに収納できる環境を作るのも大切です。
お気に入りの家具をイメージしたり、
雰囲気を優先しがちになりますが
実際に暮らす際の様々な小物を置くことができる
収納スペースをしっかりと確保しておりましょう。

20140904

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム・注文住宅
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「収納プラン」

2017年9月6日 水曜日

収納プランを考えるタイミングは
不要なもののために大切なスペースをムダに使わないように
現状の持ち物をチェックしてみるいい機会です。
その際は、部分的に解決するのではなく
衣類ならば全部引っ張り出して
「迷ったら捨てる」ぐらいの覚悟で臨むのが良いでしょう。
サイズや用途をしっかり把握しておくこと
本やCDもボリュームを数値化して記録することで
明確な収納スペースが見えてきます。

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム

住宅の間取り「寝室」

2017年8月3日 木曜日

リビングやキッチンなどの比べて
おざなりにされがちな寝室プラン
人生の多くの時間をここで過ごすのに残念です。
ここでおすすめの進め方は
先にベッドを選んでしまう方法です。
シングルやクイーンサイズなどのタイプのみで判断してしまうと
実際の製品が納まらない場合や
不要なデッドスペースをつくってしまうことがあるからです。
これは各メーカーでかなりサイズの違いがあり
同じクイーンサイズであっても実際には30cmも違いがあり
この差がプランに大きく影響してしますからです。
快適な睡眠は人生をより豊かにしてくれます。
ぜひ、参考になさってください。

20140703

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム

住宅の間取り「トイレの扉」

2017年7月20日 木曜日

トイレの計画で意外に重要なのが扉の選択です。
代表的な扉のタイプは
「内開きの開き戸」「外開きの開き戸」「引き戸」で
それぞれで使い勝手が異なります。
「内開きの開き戸」は一般的に採用されることの多いタイプですが
万が一中で人が倒れた場合に扉が開けられなくなる場合もあります。
「外開きの開き戸」は
扉を開けた時に内部が見えやすくなったり
外側を通る人に扉があったってしまうケースもあります。
「引き戸」は戸のたまり巾の確保や
ニオイや音が流れやすくなるので配置を考慮する必要がありますが
有効開口を広めにできれば車いすなどでも利用しやすくなります。
その他「アール型のスライド扉」「折り戸」などもあります。
コストと使い勝手など総合的に検討してみましょう。

20140702

愛知県・岐阜県の住宅リフォーム・注文住宅
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「リビングと子供部屋」

2017年7月13日 木曜日

リビングはファミリールーム
可能であればできるだけ広いスペースを確保して
自然に家族が集う快適な空間にしたいもでのです。
逆にあまりに居心地のいい子供部屋は
子供の独立性を育む反面
家族とのコミュニケーションの阻害になるケースもあります。
家族の「本当の豊かさとは何か」を考えて住宅プランをすすめましょう。

20140604

愛知県・岐阜県のデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「階段」

2017年6月30日 金曜日

リビングと共に間取りのキーになるのが「階段」
リビングインと独立階段型のタイプ
それぞれの特徴を見てみましょう。

【リビングイン階段】
空間の開放感と上下階のつながりの良さから
家族の気配を感じとりながらコミュニケーションがとりやすく
スペースを有効利用できるメリットがあります。
デメリットとしては、冷暖房効率や臭いへの対策が必要なことや
また無理にリビングイン階段を押しこめたようなつくりにすると
動線が悪くなったりするケースもあります。

【独立階段】
リビングと階段を分断できるために
家族の生活時間のズレによる物音が影響しにくく
落ち着いた空間を確保しやすいのがメリット。
デメリットとしては、廊下や階段にスペースをさくために
他の部屋のスペースがやや狭くなります。

快適な生活は
日常のなにげない行動の中から生まれてきます。
子供の成長に伴っても条件が変わっていきます。
将来を見据えてプランをしたいものです。

20140602

愛知県・岐阜県のデザイナーズリフォーム・デザイナーズ住宅
のご相談はアイシーリンクへ!

住宅の間取り「リビング」

2017年6月23日 金曜日

家族が集まるリビングは間取りの核になります。
今回はリビングに吹抜けの有無による
それぞれの住み心地について特徴をまとめてみます。

【吹抜けのあるリビング】
開放感のある空間で、広く陽光を取り入れられるので明るくなります。
また上下階のコミュニケーションをとりやすいのもメリット。
デメリットとしては、熱効率が悪くなったり
調理の臭いが上階にたまりやすくなったりするので
天井ファンなどを設けるなどの考慮が必要です。

【吹抜けのないリビング】
落ち着いた空間で冷暖房効率もよくなり、音や臭いへの配慮も容易で
上階の間取りに制限がすくなるなるなどのメリットがあります。
その反面、開放感や日当たりは抑えたれてしまします。

それぞれの特徴を踏まえてライフスタイルに合った
リビングを計画しましょう。

20140601

愛知県・岐阜県の人気建築家とつくるデザイナーズリフォーム・デザイナーズハウス
のご相談はアイシーリンクへ!

広く見える住宅内装の色調

2017年6月7日 水曜日

内装の色調コーディネートでは
まずは、床の素材や色合いを考えましょう。
床のテイストが決まると
建具や壁、天井にどんなものがマッチするか判断しやすくなります。
住空間を広く感じさせるためには
床、壁、天井の順でだんだんと淡い色合いのものを選んでいくと良いでしょう。
特に天井に濃い色を選ぶと圧迫感が出て
空間を実際以上に狭く感じさせてしまいますので
全体のバランスで調整しましょう。

20140404

愛知県・岐阜県のデザイナーズリフォーム・デザイナーズ住宅
のご相談はアイシーリンクへ!