デザイナーズ住宅,デザイナーズハウス,デザイナーズリフォーム,注文住宅/建築家・インテリアコーディネーターたちが語る「家づくり&リフォーム」ノウハウ
 
デザイナーズ住宅,デザイナーズハウス,デザイナーズリフォームのリフォームECO(エコ),100'S HOUSE,IC LINK(アイシーリンク)のロゴ
 
建築家・インテリアコーディネーター・家づくりのプロたちが語る
【004】マンションリフォームの基礎知識

マンションリフォームをするにあたっての基礎知識を何点かご紹介致します。
まずマンションの場合リフォームできる部分とできない部分、つまり専有部分(所有権の確立されている部分)と共用部分(所有者全員が所有権を持つ部分)に分かれます。
たとえば、構造柱や梁、各戸の境界壁、玄関ドアなども共用部分なので移動や交換はできません。しかし玄関ドアの場合、内側に関しては専有部分にあてはまるのでドア自体の性能を失わなければ、ペンキをぬったりシートを貼るなど色の変更や防犯上の鍵の取替えはできるケースがあります。窓やサッシも共用部分にあたるので変更は出来ませんが防犯性能を高めるために二重サッシにしたり、ガラス部分のみ複層ガラスにするといった方法はできますがいずれも管理規約の確認が必要となります。その他の共用部分に関してはパイプスペースの移動、改造やベランダ・バルコニーなどの移動、改造は基本的には出来ません。
また材料に関してもフローリングは遮音等級をクリアした床材を使用しなければいけない等の規定がありますので注意が必要です。こういった細かい管理規約などがありますので事前に確認する事がマンションリフォームをするにあたっては非常に重要になってきます。
最近では古いマンションですと結露がひどいので結露防止の壁材など様々な最新性能、機能を生かした商品が多数ございますので上手く活用していきたいですね。
近年古いマンションが増えてきてお手ごろな価格で中古マンションを購入しリノベーション(全面改装・再生)を行い、新築同様の快適感を手に入れるというケースが多くなってきています。施工実績、保証、プランニングが伴うリフォーム会社を選定し見極める事が今後お客様にとっても重要になると思います。

writen by
リフォームECO 名古屋東店
デザイナーズリフォーム・住宅リフォーム/建築家・建築デザイナー・インテリア コーディネーター/リフォームECO(エコ)
Copyright (C) 2016 IC LINK Corporation. All Rights Reserved.